子どもの反抗

子どもは、どこまで自分のわがままを親が受け入れてくれるかを試すことがあるようです。可愛い仕草のようで、実は親を試すために逆らっているという場面はないでしょうか。入園前の子どもでも親を困らせようと挑戦!して来るのです。
あるお父さんが、お兄ちゃんの運動会に3歳の妹を連れて行きました。妹は運動会にはあまり興味がありませんし、飽きてしまいました。お兄ちゃんの出番までお父さんは妹を遊ばせることにしました。運動場の中で、白い線が引いてあるところに連れて行き「この白い線の向こうに入ってはいけないよ」と言い聞かせました。そして、女の子はあそび始めました。ちょっとすると、女の子は白い線のところで立ち止まり、お父さんの顔を振り返り、見ました。そして、足を白線内に踏み出そうという仕草をしました。そして、お父さんにニッコリとしたのです。「お父さん、いけないって聞いたけど本当にダメ?行きたいの。行ったら怒る?」と父親を試しているのは明らかです。ここでお父さんが娘のかわいい笑顔に負けてニッコリと微笑み返しただけで、白線内に行くことを黙認してしまったら・・・。
みなさんも、これと同じような経験をされたことがあるのではないでしょうか。このような子どもからの挑戦に親が毅然とした態度を示さないとしたら、親子関係はこじれてしまわないとも限りません。子どもは、親の反応を求め、親の反応を見抜き、自分のペースに親を巻き込んでいくでしょう。もしも、子どもが、性格的にきかん気の強い子どもであったら、幼少の時期に親に従うことを学ばせないと、思春期に向かっていく過程で巨大な反抗を示してくるかもしれません。
子どもは理解しにくい態度を示すことがあります。親に頼りたいという思いがありながら、親が信頼できるかどうかを試してくるようなことをするのです。子どものこのような仕草に惑わされないで、しっかりと基準を示し、基準を守らせましょう。