子どもの独立

子どもが成長し、独立して生きていくまでに、どのくらいの年月がかかるのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。
ハムスターの赤ちゃんは生まれてから3週間で自立します。驚きの速さです。ネコは3ヶ月で独り立ちします。ライオンは約2年だそうです。では、人間はどうでしょうか。収入を得て、一人前の大人として判断がくだせるまでに、20年はかかるでしょうか。いや、もっと沢山の時間がかかり、親は気を揉むことになっているのが現状でしょうか。私たちは子育ての秘訣をハムスターから学んだら良いのではないでしょうか?
現実にしっかりと目を向けて、「子育てに近道なし」とわきまえることが大切なようです。ある学者の意見です。「親の犠牲としつけの努力なしに、子どもがまともに育ったなどという時代は一度もなかった。」
人間が行うことの中で、子どもを育てるという事程、時間がかかる事は他にないのではないでしょうか。家を建てる事も大事業ですが、せいぜい6ヶ月で家は完成するでしょう。学位を取るのも3~4年で、子育てより短時間です。ダイエットして体重を減らすことのほうが、子育てよりも簡単かもしれません!?投げ出さずに忍耐を重ねて、ゴールまで着実に前進していくことが大切なのは言うまでもありません。
子育て中に「何で今さらこんなことをやらなくては・・・・」と思われることがありますか。もしそうだとしたら「子育てなんかつまらない。もっと自分のしたいことを思う存分にしてみたい」という誘惑が忍び寄っているのかもしれません。子育てをしていると、期待はずれと思われることも沢山あるでしょう。がっかりすることもあるに違いありません。しかし、その様な思いにとらわれてしまってはいけません。次の子育て経験者の言葉を心の片隅に抱いておいてください。
「子育ての時間は短い。けれども、それをなし終えたあとの報いは、一生の間、味わうことができる」
如何でしょうか。子育てに向かうエネルギーが少しは供給されましたか?振り返ってみてください。皆様の親は、今、あなたから報いを受けているのではないでしょうか。