コミュニケーション

コミュニケーションの大切さは言うまでもないことです。コミュニケーションの重要性を示す事例をご紹介します。
1991年、イラク軍がクウェートに侵攻しました。このことをアメリカは問題視しました。アメリカ大統領のブッシュ氏はイラクのフセイン大統領に、クウェートからの撤退を要求します。しかし、フセイン大統領はこの要求を拒否。その結果、ブッシュ大統領はイラクへの大規模攻撃を始めました。戦争です。この時、アメリカ軍を中心とした国連軍が攻撃の第一目標にしたのは何だったでしょうか。イラク軍の基地や、空港ではありませんでした。政府や軍の主要な建物でもありませんでした。では何を攻撃したのか。アメリカ軍や国連軍のリーダーたちには、明確な計画がありました。それは、敵の通信網を破壊することでした。レーダーに映らないステルス戦闘機を使い、最初の一撃を通信施設に与えたのです。その結果、イラク軍は指揮命令系統が破壊され、軍隊の統率が取れなくなりました。対抗することが難しくなったのです。そして数週間で戦争は終結。アメリカ軍を中心とした国連軍の勝利で終わりました。
これと同じような理屈は家庭でも当てはまります。家庭をめちゃくちゃに破壊するために効果的な方法は、家族同士のコミュニケーションを断ち切ってしまうことです。夫婦の間に障害を置く。親子の間に溝を作る。そのようになれば家族は簡単にバラバラになり、家族のまとまりは欠けていきます。精神的にも、組織的にも家庭は機能しなくなります。これは、深刻な問題となります。このようなことにならないために、お互いのコミュニケーションがスムーズにいくように努力をする必要があります。
家庭の中でのコミュニケーションが成立せず、心を閉ざしている関係があったなら、大至急改善しなくてはなりません。相手の心の内を聞いてあげ、時間を十分に取って向かい合うことです。初めからうまくいくことは無いでしょう。人間関係を築き上げ、育てていくことが、健康的な家庭生活の第一歩です。