夫の理解があるので


小さな子どもを育てている母親にとって、嬉しいものの一つに「夫からの理解」があげられるのではないでしょうか。幼稚園や保育園に上がる前の子どもを育てているお母さんの忙しさは並大抵ではないでしょう。朝から晩まで腰を下ろす暇もないほどです。家事をこなし食事を作り立ちっぱなしの連続作業です。精神的な疲れもたまりにたまります。2歳児から4歳児くらいの子どもは、おしゃべりが大好き。質問も大好きです。「なんで」「どうして」の連発に母親の神経は、ますます疲れがたまります。おしゃべりに加えて、危険なものとそうでないものとの区別がなかなか出来ないのもこの時期の子どもの特徴です。目が離せなくなります。金切り声を上げてしまうことは日常茶飯事かも知れません。朝は、元気にスタートしたものの、夕方になるときにはヘトヘトになっていることもたびたびです。

そうしたときに、夫に出来ることは何でしょうか。有給休暇を取ること?母親に変わって家事育児をすること?これも良いかもしれませんが、正解では無いでしょう。では何か、それは妻に理解を示すことではないかと思うのです。大変な仕事を毎日毎日、家の中で繰り返してくれていることを理解してあげるのです。人は誰かから理解されるだけで気持ちが支えられるものです。特に女性は「自分の気持ちを分かってくれる人がいる」と思えることは重要です。最愛の夫から「大変だったね。お疲れ様」と言われただけでかなりのストレスにも耐えられるようになるのかも知れません。夫が、きょうあった一日の話を聞いてくれるだけで妻のフラストレーションはかなり軽くなるのかもしれません。たとえ、夫が具体的な助けをしてあげられなくても、妻を思いやり、妻の問題を共有してあげるだけで妻は「明日もがんばろう」という気持ちになれるものなのでしょう。「俺だって疲れているんだ」といいたくなる気持ちが押さえることが出来たならば幸いな日々が送れるのではないでしょうか。