親が子どもの言うことに従う?

子どもは親の行動を実によく見ています。どうしたら親を自分の思うようにコントロールすることができるかを考え、あの手この手で挑戦してくるのです。

少し前、ショッピングセンター内の100均ショップで3歳くらいの男の子が床に寝っころがって大泣きしている場面に出会いました。その子は、昆虫採集用の虫取り網が欲しいと言って、お母さんに駄々をこねているようです。私は、興味深々。ちょっと離れた所で、これからどうなるかと視線を送っていました。お母さんは、自分の買い物に夢中でしたが、泣き叫ぶ声に負けて子どものそばに近寄りました。そして、子どもに言い聞かせています。

「だめ。まだ、使えないから買わない。」

 確かに、3歳位の子どもには柄も長く、使いこなせそうにはないのです。「だめ」と言われた子どもは、更に大きな声を振り絞るかのようにして泣きわめきました。深刻な状況に向かいつつあります。お母さんも粘って、「だめ」を言い続けます。しかし、お母さんに「だめ」と言われると子どもの泣き声は反射的に大きくなっていきます。完全に、悪循環に陥りました。そして、ついにお母さんは言いました。

 「しょうがないわねー。これだけだからね。」

と言いながら、レジに向かいました。その時です。男の子の泣き声はピタリと止まったのです。あたりは静まり返り、一件落着です。

 さて、このお母さんの行動は、男の子に何を教えたのでしょうか。『大きな声で泣きわめき、泣き叫び続ければ、お母さんは僕の言うことを聞いてくれる』ということに違いありません。子どもを育てていくと、多かれ少なかれ、これと似たような経験をする親は多いのではないでしょうか。そして、このようにして、子どもが泣きわめき、泣き叫ぶ子どもに親が聞き従っていくならば結果はどのようになって行くでしょうか。これから先の親子関係で、主導権を握るのは親ではなく、子どもになってしまいます。思い通りにならないときには泣きわめき、泣き叫べば良い。泣きわめき、泣き叫ぶという方法で、子どもが主導権を握っていくのです。そして、将来思春期を迎える頃には、手の付けられない親子関係になってしまうのです。手が付けられない関係になってしまう前に、親の言うことを子どもに聞かせ、従わせることが大切です。親が子どもの言うことに従うのではありません。親の言うことに子どもを従わせ、適切な主導権を持つのです。