「愛すること」「尊敬すること」


「女性は愛されることを望み、男性は尊敬されることを望む」

皆さん、この言葉にどのように感じますか。

最近は、男性と女性の違いを分かりやすく教えてくれる本がたくさん出版されています。お互いの違いを理解するために助けになっているようです。

世界のベストセラーである聖書は何と言っているでしょうか。

 

「妻たちよ。あなたがたは、主に従うように、自分の夫に従いなさい。」

                              エペソ5:22

「夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたように、あなたがたも、自分の妻を愛しなさい。」            エペソ5:25

 

「妻よ、夫に従いなさい。夫よ、妻を愛しなさい。」女性の皆さんはどのように感じますか。不公平感がありますか。この教えには、驚くべき真理が込められていると思うのです。男性と女性の根本的な違いについてはっきりと指摘してくれているのです。

夫婦関係がうまくいっているカップルには、ある共通した特徴があるといいます。それは何かというと、妻は例外なく夫を尊敬して心から頼りにしているということ。具体的には、妻の口からは絶えず夫をほめる言葉が出てくる。夫は自分がほめられ頼りにされると、妻をますます愛するようになるのです。愛されている妻は、ますます夫を尊敬する。好循環です。 では、この逆はどうでしょうか。

 

妻「あなたって何をやってもダメね。そんなことじゃこれから先、一緒に生活でき

ないわ。」

 夫「ああそうですか。結構です。○○さんの奥さんを見てみろ。いつも旦那さんを立てているじゃないか。見習ってみろ。」

 

こうなったら深刻。このような悪循環に陥ってしまったら抜け出すにはどうしたらよいでしょう。お互い初心に戻って(悔い改めて。これが難しい!)、夫は妻を愛していることを出来る限り言葉や、行動で表現すること。妻は夫の良いところを見出して、事あるごとにほめることです。本来、人を愛することが苦手な男性、本来、人に従うことが苦手な女性なので神様はエペソ書のような命令をくださったのではないかと思うのです。日頃から、聖書の教えを受け止めて、愛すること、尊敬することが自然に振る舞えるように、お互いに祈りあいましょう。